忍者ブログ
いらっしゃいませ☆ 蒼依の大好きがいっぱい詰まったのんびり日常ブログです。どうぞごゆっくり…♪コメントもお気軽に!!
2017/05月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [237] [236] [235] [234
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母の肝臓に腫瘍があるとわかってから、今回で6度目の入院。

3年前の夏に初めて治療をして、今日は4度目の治療の日でした。

カテーテルで肝動脈に抗ガン剤を入れて腫瘍を壊死させる塞栓術。
肝臓を切り取る手術も、ラジオ波で焼くことも出来ない母に残された治療法です。

あまり詳しいことはわからないのですが、主治医からの説明を少しだけ。
楽しい話でもないので、興味のない方はスルーでお願いしますね。


肝臓に栄養を送っている血管には「肝動脈」と「門脈」があるそうで。
普通その2つの血管は交わらないそうなんです。
それが腫瘍を介して繋がっている可能性が高いと。

で、そこに塞栓術を行うことによって「肝梗塞」を起こす恐れがあると…。
肝梗塞ってなんでしょうね。脳梗塞はよく聞きますが。

とにかくいろんな合併症を引き起こす可能性が高くて、しんどいということですね。
それは術前に聞いていたので、ある程度覚悟は出来ていました。

ショックだったのは術後の話。

腫瘍が血管を介してるということは、そこから血液を通って全身に癌細胞が回っていると。

この先、肺や骨への転移も有り得る。

でもそれが致命傷になるという可能性は低く、やっぱり問題は肝臓で。

まだまだ無数に残っている悪性腫瘍かも知れない影。

そして今回治療した箇所は間違なく「進行性の癌」で。

母の命は、あと長くて3年だそうです。

…長くて、3年。

5年も10年も生きることはまずないと。

こんなこと、とても本人には言えません。ヤケ起こすに決まってる。

ていうか、こんなとこで告白するなって感じですか。

ごめんなさい、ちゃんと形として書き記しておきたかったので。

母はまだ病室で治療後の痛みと戦ってます。

母はまだ、64歳です。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
余命を聞いてしまうと
何ともコメントができないです・・・
蒼依さんの気持ちを思うと何も・・・
親って絶対的な存在と言うか・・・
私もそんな立場になったらどうしたら良いのか検討もつきません。
ごめんね。
何もできなくて。
かずみ 2009/05/14(Thu)00:39:25 編集
無題
そんなに辛いこと、蒼依さんひとりで背負ってるのですか?
でしたら、でもなくても、ここへ来て文章にして、みんなにたくさん話して下さい。

読んだ側の人間は、気持ちがうまく言葉にならなくてコメント書けないかもしれませんが、絶対何かを思ったり考えたり、蒼依さんの力になりたいってすごく思っています。


ここから先は、今言うべきことじゃないかもしれないのですが、個人的にいつかお伝えしたいことなので、もし気が向いた時にでも見て下さったら嬉しいです。











何も知らずにある日突然別れてしまうよりも、こうして、優しくしてあげられる時間を知っているから出来ることって、あると思うのです。
知ってしまったから、蒼依さんは無茶苦茶辛い思いをしているのも承知です。

でも、かずみさんもおっしゃる通り、親って絶対な存在だから。喧嘩しちゃうのも理解して欲しい愛情があるからで。
最期が来るなら、ありがとうって言いたいじゃないですか。お母様もありがとうって言ってくれたら、時間が経てばいつかはちゃんと、清々しい気持ちで乗り越えられると思うのです。


あとすごく余談ですが、江原さんによれば、こっちの世界でオギャーって生まれる時に向こうの世界では「自分で選んだ辛い試練、頑張って来い!」って涙ながらに送り出して、
こっちでの人生まっとうして向こうに帰れば「おかえりー!よく頑張って来たな!」って迎えてもらうらしいです。

…だから何だという話になってしまいましたが…。

亡くなることは居無くなることじゃないから、前向きな考え方を選択して下さい、って伝えたかったのです。

気分を害されたら本当にすみません。自分の選択が間違っていて嫌われてもそれは自分が馬鹿だったので仕方ないですが、蒼依さんは人生に後悔を残さないで下さい。

ゆの 2009/05/14(Thu)02:41:30 編集
かずみさんへ♪
かずみさんありがとう♪
何もできないなんてことないです。
こうやって声かけてくださるだけで、気にかけてもらえるだけで充分!
ほんとに嬉しいし励みになります。

母も落ち着いて退院の日も決まりました。
きっと、ほんとに頑張らなきゃいけないのはこれからなんだよね。
愚痴や泣き言を言いたいこともあると思うけど、そんな時はここで吐き出しますので!
懲りずに聞いてやってね。
蒼依 2009/05/28(Thu)15:00:00 編集
ゆのさんへ♪
ゆのさんも、いつもありがとうございます!
私ね、辛いことも楽しいことも、いっぱい人に喋っちゃうんです。
ここで吐き出してみたり、近しい友人に聞いてもらったり、弟に電話してグダグダ言ったり。
だからずいぶん楽なんです。お喋りでよかった(笑)

コメントとかメールとか電話とか、皆さんが気にかけてくださって、私は幸せモノです。
ありがとうございます。
なかなかきちんとお返事できなくて申し訳ないのですが;

気分を害すなんてとんでもないですよ。
なるほどな~って思いました。うんうんって頷きながら読みました。

ゆのさん以前、お母さまのことで後悔されてるって仰ってましたよね?
今回「長くて3年」っていう猶予が私には残されましたが、でも、思うんです。
どんなことをしても、しなくても、きっと後悔って残ります。
あれもこれもすれば良かった、あんなことしなきゃ良かった、絶対思うと思うんです。

だからこそね、時間を有意義に使えるといいなぁと。
思うだけで何すりゃいいのかさっぱりわかりませんが。
まぁでも…ありがとうってね、言えるといいな。私、素直じゃないのでちょっと不安です。

江原さんのお話は番組も見ないしあまり聞いたことがなかったので、そのお話も初耳でした。
こっちの世界、生きるっていう現実は「試練」なんですね。
そう考えれば少々の辛いことがあっても当たり前だと乗り切れそうです。
とか言いながら、かなり愚痴りますけど(笑)

「おかえり」って温かく迎えられるのなら、あちらの方がゆるやかで幸せならば
こちらから送り出すのも悪くない…うん。ですね。

今はただ、残りの数年を穏やかに過ごして欲しいと願うばかりです。
蒼依 2009/05/28(Thu)15:25:56 編集

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Kun    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

*。WELCOME。*
■はじめに
  初めましての皆さまへ
  親愛なる皆さまへ
  当ブログのリンクについて

■こちらも時々更新してます
  6人の共同日記 Secret Diary。*゚

■登録してます
  ミクシィ / モバゲータウン / GREE

■松山くんメモ【映画編】


乙女ゲーム中心夢小説&イラストサイト
まったり6人で運営中


素敵イラストいっぱいの宝石箱。*゚
BLOG PARTS

楽しいですよ♪お誘いお待ちしてますv

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
↑貯まったらnanacoに換金してます!










LINK
― Official site ―
FFM Official Web Site
FUMIYA FUJII Official Web Site
HORIPRO SQUARE Men
ホリプロタレントファイル
テニプリアトラクションサイト
ブレーク!テニプリOVA
テニプリドットコム
TV東京 テニスの王子様
KONAMI テニスの王子様商品総合サイト


…素敵ブログ&素敵サイトさま…

(大熊猫さま)

(あいき蓮さま)

(終了しています)

パンプキンパイ+α(ネコマルさま)
G*5791(不二子さま)
松ケンフリーク!(松フリさま)
松ケンfan!(fanさま)
Lに捧げるちいさな図書館(樹さま)
*Hug Note*(アネモンさま)
甘くないCafe Latte(西園きよ葉さま)
今日も和美日和♪(かずみさま)
ゆのーと(ゆのさま)
>>詳細はこちら<<


…リンクフリーに甘えて…
COOKIE
Ultimate Powes
TELACOM
lunettes


…素敵な素材屋さん…



PLOFILE
HN:
蒼依
年齢:
43
性別:
女性
誕生日:
1973/11/02
趣味:
藤井兄弟・松山くん・244・にの・テニプリ

蒼依宛のメールはこちらから
OTHER

旧サイトより



Since:Aug.2006
Removal:Jan.2008